2018年05月26日

新刊紹介(19)

菊池清明(訳)『ガウェイン卿と緑の騎士』(春風社、2017年12月)

「擬古文混ぜ口語体の弁明 SGGK翻訳文体について」
西村公正

新刊紹介は、縦書きですので、PDFでダウンロードしてお読みいただけます。新刊紹介をダウンロード
posted by The Japanese Association for Studies in the History of the English Language at 00:24| 新刊紹介

2018年02月10日

第28回大会プログラム

 英語史研究会第28回大会を以下の要領で開催いたします。多数のご参加をお待ちいたしております。(準備の都合上、ご出席のご予定をお知らせいただければ幸いです。)

印刷用プログラム(PDFファイル
研究発表要旨(PDFファイル

日時: 2018年4月7日(土) 12:50より
会場: 摂南大学寝屋川キャンパス(〒572-8508 寝屋川市池田中町17-8)
10号館(情報メディアセンター)3階 プチテアトル
http://www.setsunan.ac.jp/aboutus/campusmap/neyagawa/

<総会> (12:50−13:00)

<研究発表1> (13:00−14:10)
司会 片見彰夫
1. 井野崎千代子(大阪産業大他非常勤講師)
"An Interpretation Marker þet is and Punctuation in the Corpus MS of Ancrene Wisse"

司会 中尾佳行
2. 吉田雅之(早稲田大学)
「写本の中の variants と同音衝突」

休 憩(14:10−14:25)

<研究発表2> (14:25−15:35)
司会 水野和穂
3. 守家 輝(京都大学大学院生)
「19世紀オーストラリア入植者の出身地域と完了助動詞の選択との関係」

司会 内田充美
4. 渡部文乃(京都大学大学院生)
「英語歌詞の言語学的研究―方言学の視点から」

休 憩(15:35−15:50)

<講演> (15:50−17:00)
司会 家入葉子
高田博行(学習院大学)
「啓蒙される文章語―18世紀ドイツにおける『近しいことば』へのまなざし」

<閉会> (17:00−17:10)

<懇親会> (17:20−19:20) 
会場 13号館 食堂BUONAGIO

* * * * * * * * * * * * * * *
《大会案内》
大会参加費 1,000円
英語史研究会では年会費を徴収しておりませんが,大会への参加費の納入をお願いしています。
当日受付でお支払いください。

懇親会費 4000円(当日受付でお支払いください)
人数を事前に把握する必要がありますので,懇親会に参加を希望される方は3月29日(木)までに下記事務局までメールでご連絡ください。

摂南大学寝屋川キャンパスへのアクセス

当日の昼食について
4号館食堂(「せっちゃん食堂/Oisis」)、5号館学内コンビニが営業していますのでご利用いただけます。

英語史研究会事務局
〒606-8501 京都市左京区吉田本町 京都大学文学部 家入葉子研究室内
Email: yiyeiri3%yahoo.co.jp (%を@に変更してご利用ください)
TEL/FAX: 075-753-2736
posted by The Japanese Association for Studies in the History of the English Language at 11:32| 大会案内

2018年02月07日

英語史研究会第28回大会

 英語史研究会第28回大会は、予定通り、2018年4月7日(土)に摂南大学(寝屋川キャンパス)で開催されます。近日中に、このブログでプログラムのご案内をいたします。プログラムは午後からになっておりますので、遠方の方は、その予定でご準備ください。
posted by The Japanese Association for Studies in the History of the English Language at 16:17| 大会案内

2017年12月05日

第2回HiSoPra*研究会(歴史社会言語学・歴史語用論研究会)

HiSoPra*研究会(歴史社会言語学・歴史語用論研究会)から関連学会研究会の案内が届きました。以下をご覧ください。
-------------------------------------------------------------------------------------------------
第2回 「HiSoPra*研究会(歴史社会言語学・歴史語用論研究会)」のご案内
      HiSoPra* : HIstorical SOciolinguistics and PRAgmatics

日時:2018年3月13日(火)、13:30〜18:00
場所:学習院大学 北2号館(文学部研究棟)10階、大会議室
   http://www.gakushuin.ac.jp/mejiro.html の15番の建物

総合司会:椎名美智(法政大学)、森 勇太(関西大学)

 13:30-13:40 (総合司会者による) 導入

 13:40-14:25 《研究発表》 司会:鈴木亮子(慶應義塾大学)
        岩井恵利奈(青山学院大学大学院 博士後期課程):
「談話標識から談話構造化標識へ
−言語的文脈と語用論的動機に着目したStillの機能発達の分析」

 14:30-15:15 《研究報告》 司会: 家入葉子(京都大学)
        中山匡美(東京大学非常勤講師):
「19世紀イギリス小説における不定代名詞の数の一致
−女性作家がsingular they を選ぶとき」
 
 15:30-18:00 《シンポジウム》 司会:堀江 薫(名古屋大学)
        「スタンダードの形成 ―個別言語の歴史を対照して見えてくるもの☆」

本シンポジウムは、日本語、英語、ドイツ語という3言語の歴史を対照することで各個別言語史の研究者がそれぞれに新たな知見を得て、従来とひと味違った切り口で各個別言語史を捉え直す契機となるのではないかという発想から企画されました。この点をめぐって、全体討論ではフロアのみなさまと一緒にさまざまに議論できればと思います。

        【講演】15:30-16:30
野村剛史(東京大学名誉教授):
「日本語におけるスタンダードの形成」
【話題提供】16:30-17:00
堀田隆一(慶應義塾大学):「英語史の場合」
高田博行(学習院大学):「ドイツ語史の場合」
【全体討論】17:00-18:00

 18:30-20:30 懇親会
会費4000円(学生は2500円)、会場はJR目白駅すぐ

   研究会に参加下さる方は、下記フォームを利用し、ご記入の上、
HiSoPra*研究会事務局(hisopradesk@gmail.com)に、3月8日(木)までに送信下さい。

   ==============================
   HiSoPra*第2回研究会 参加申し込みフォーム
    お名前(ふりがな):
    ご所属:
    メールアドレス:
    懇親会に 参加します・参加しません(どちらかをお消し下さい)
   ===============================
posted by The Japanese Association for Studies in the History of the English Language at 10:15| 関連学会・研究会案内

2017年11月28日

Studies in the History of the English Languageの第7号が刊行されました

 Studies in the History of the English Languageの第7号、Language Contact and Variation in the History of English (edited by Mitsumi Uchida, Yoko Iyeiri & Lawrence Schourup、xii+166ページ、税別3800円) が刊行されました。

開拓社の本書の紹介のページ
開拓社に直接注文の場合は、英語史研究会の会員であることを一言添えてください。
posted by The Japanese Association for Studies in the History of the English Language at 06:10| 事務局より

2017年11月03日

英語史研究会第28回大会の研究発表募集

 英語史研究会第28回大会は、2018年4月7日(土)に摂南大学で開催されます。現在、研究発表募集中です。メーリングリストでご案内していますが、メールが届いていない方は、メールアドレスが正しく登録されていない可能性がありますので、事務局までご連絡ください。連絡先は、英語史研究会のホームページに掲載しています。
posted by The Japanese Association for Studies in the History of the English Language at 19:35| 事務局より

2017年07月29日

Heinrich Ramisch先生(バンベルク大学)講演会のご案内

 現代英語方言研究がご専門のHeinrich Ramisch先生(バンベルク大学)が、2017年8月4日〜19日の日程で、日本学術振興会の招聘研究者として日本にご滞在です。
 京都大学でも、下記の日程で、講演会を開催いたしますので、多数のご参加をお待ちいたしております。

ポスターはこちらからダウンロードできます


演題:  “Dialectological and diachronic aspects of an orryble abit (h-dropping)”
日時: 2017年8月17日(木) 16時30分から
場所: 京都大学吉田キャンパス 英語英米文学共同研究室
(総合2号館1階の南東角の部屋)

総合2号館は、本部構内
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/yoshida/map6r_y/
の34番の建物です。(百万遍の門から入ってすぐ)

京都大学吉田キャンパス(本部)へのアクセスは
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/
をご覧ください。

 当日は大学が夏休み(職員も休み)となっています。講演会の時間帯には建物に入ることができるようにいたしますが、到着が遅れた場合には、075-753-2447にお電話ください。また、参加をご希望の方は、yiyeiri%bun.kyoto-u.ac.jp(ただし%は&に変更)に、あらかじめご連絡いただけると幸いです。

(京都大学 家入葉子)
posted by The Japanese Association for Studies in the History of the English Language at 00:42| 関連学会・研究会案内