2016年04月15日

第2回セミナー「ルーン文字の起源」

以下のセミナー案内は、ホームページの移動に伴い、すでに終了した本年度の大会案内を転載したものです。

 英語史研究会では、年に一度の大会に加えて、不定期のセミナーを開催しております。第2回セミナーとして、京都大学教授、河崎靖先生に「ルーン文字の起源」をお願いすることにいたしました。詳細は、以下をご覧ください。なお、メールによる事前の申し込みをお願いしています。(会場の関係で、事前の申し込みがない場合は、参加をお断りすることがあるかもしれません。)

講 師:河崎靖(京都大学教授)

日 時:2015年9月26日(土)16:00から(15時30分受付開始)(セミナー後に実費による懇親会を予定しています、自由参加)

場 所:京都大学文学部第6講義室(文学部校舎の2階、以下のURLの8番の建物)
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/yoshida/map6r_y/

参加費:1000円 (英語史研究会では年会費をいただいておりませんが、イベントごとに参加費の納入をお願いしております。)

申込先:tani%hyogo-u.ac.jp (%を@に変更して下さい)なお、件名は「英語史研究会セミナー申込み」として下さい。

(企画担当 谷明信・尾崎久男)
posted by The Japanese Association for Studies in the History of the English Language at 17:37| セミナー

第1回セミナー「聖書ヘブライ語と聖書の英語」

以下のセミナー案内は、ホームページの移動に伴い、すでに終了したセミナー案内を転載したものです。

 英語史研究会では、年に一度の大会に加えて、不定期のセミナーを開催することになりました。はじめてのセミナーとなる今回は、『聖書の英語 : 旧約原典からみた』(新訂版)(英潮社,2000)や『聖書の英語とヘブライ語法』(英潮社,1998)等、ヘブライズム研究で著名な関西外国語大学教授、橋本功先生を講師に招き、ヘブライ語の超入門セミナーをお願いします。セミナーでは、英訳聖書の英語との比較を通して、聖書ヘブライ語の入門の講習をお願いすると同時に、英訳聖書におけるヘブライ語の影響の痕跡なども指摘していただきます。詳細は、以下をご覧ください。なお、メールによる事前の申し込みをお願いしています。(会場の関係で、事前の申し込みがない場合は、参加をお断りすることがあるかもしれません。)

講師: 橋本功(関西外国語大学教授)
日時: 2013年9月28日(土) 15:00-17:30 (14時30分受付開始)
場所: 兵庫教育大学大阪サテライト402室 http://www.office.hyogo-u.ac.jp/jgs/cic/access

参加費: 1000円 (英語史研究会では年会費をいただいておりませんが、イベントごとに参加費の納入をお願いしております。)

申し込み先: tani%hyogo-u.ac.jp (%を@に変更してご利用ください)なお、メールの件名を「英語史研究会セミナー申し込み」としてください。

申し込みが定員に達しましたので、申し込み受付を締め切りました。多数の申し込みありがとうございます。

(企画担当 谷明信・尾崎久男)
posted by The Japanese Association for Studies in the History of the English Language at 17:35| セミナー

英語史研究会セミナーについて

 英語史研究会では、年に一度の大会に加えて、不定期のセミナーを開催しています。冊子の編集と同様、会員のみなさまの企画により、英語史研究会のフォーマットにしたがってセミナーを開催していただくことが可能です。セミナーの開催をご希望の方は、どうぞご連絡ください。
posted by The Japanese Association for Studies in the History of the English Language at 17:30| セミナー