2017年07月29日

Heinrich Ramisch先生(バンベルク大学)講演会のご案内

 現代英語方言研究がご専門のHeinrich Ramisch先生(バンベルク大学)が、2017年8月4日〜19日の日程で、日本学術振興会の招聘研究者として日本にご滞在です。
 京都大学でも、下記の日程で、講演会を開催いたしますので、多数のご参加をお待ちいたしております。

ポスターはこちらからダウンロードできます


演題:  “Dialectological and diachronic aspects of an orryble abit (h-dropping)”
日時: 2017年8月17日(木) 16時30分から
場所: 京都大学吉田キャンパス 英語英米文学共同研究室
(総合2号館1階の南東角の部屋)

総合2号館は、本部構内
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/yoshida/map6r_y/
の34番の建物です。(百万遍の門から入ってすぐ)

京都大学吉田キャンパス(本部)へのアクセスは
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/
をご覧ください。

 当日は大学が夏休み(職員も休み)となっています。講演会の時間帯には建物に入ることができるようにいたしますが、到着が遅れた場合には、075-753-2447にお電話ください。また、参加をご希望の方は、yiyeiri%bun.kyoto-u.ac.jp(ただし%は&に変更)に、あらかじめご連絡いただけると幸いです。

(京都大学 家入葉子)
posted by The Japanese Association for Studies in the History of the English Language at 00:42| 関連学会・研究会案内

2016年10月22日

日本歴史言語学会2016年大会のお知らせ

 日本歴史言語学会2016年大会が、以下の日程で開催されます。

開催日時: 平成28年11月19日(土)〜20日(日)
開催場所: 九州大学西新プラザ(福岡市早良区西新2-16-23)

プログラムと発表要旨は、
http://www.jp-histling.com/Pages/default.aspx
よりダウンロードすることが可能です。

英語史に関する発表もプログラムに含まれておりますので、ぜひお出かけください。
posted by The Japanese Association for Studies in the History of the English Language at 10:55| 関連学会・研究会案内

2016年07月16日

David Denison教授講演会のご案内

 マンチェスター大学名誉教授・英国学士院特別会員であるDavid Denison氏が、日本学術振興会の招きで来日されます。

 次の4箇所で講演を行いますので、お近くの会場へご出席いただけますれば幸甚に存じます。(私費でご購入の書籍にサインをいただけると存じます。) 予定教室でよいか心配ですので、ご出席いただける方は、10月末日までに、受入研究者宛て電子メールでお知らせください。件名「デニスン教授講演」、本文「○○地区講演に参加します。氏名」の短い内容で結構です。今年度は教務委員を務めており、学生からたくさんメールが届きます。皆様からのメールを見落とさないために、よろしくご協力ください。

1. 11月22日 (火) 15:00−16:30
関東地区講演 “Aspects of English historical syntax”
於青山学院大学11号館7階1172教室 共催 青山学院大学英文学会

2. 11月26日 (土) 13:30−15:00
近畿地区講演 “English letter-writing: teaching history of English by research”
於関西外国語大学本館2階多目的ルーム 共催 関西外国語大学国際文化研究所

3. 12月03日 (土) 13:00−16:00
中国地区講演 “Some problems in corpus-oriented English historical syntax”
於広島大学霞キャンパス歯学部講義棟1階第6講義室 共催 広島英語研究会

4. 12月7日 (水) 13:00−14:45
中京地区講演 “Word classes and syntax in English: interesting problems”
於愛知県立大学S101教室 共催 愛知県立大学研究支援・地域連携課

 また、個別の学術交流を希望する方のために、12月5日 (月) 午後13:00−16:00 (終了予定) を設定しています。本学での氏の研究室で研究討論していただきます。時間調整のため、ご希望の方は、10月末日までに電子メールでお知らせください。件名欄には「デニスン教授との交流」とお書きください。先着4名とさせていただきます。

受入研究者 愛知県立大学外国語学部英米学科
中村不二夫(nakamura*for.aichi-pu.ac.jp)*を@に変えてください。
posted by The Japanese Association for Studies in the History of the English Language at 11:07| 関連学会・研究会案内